安全性能

グレード・カラー・機能についてはこちらをご覧ください

Photo:ハイゼットトラック スタンダード(2WD CVT)。ボディカラーはブライトシルバーメタリック〈S28〉。

「※」「 ■ 」「 ●」に搭載情報または注意事項を記載しております。ご参照ください。

みんなに安全・安心を。「スマートアシスト」搭載車はサポカーS<ワイド>に適合。
■セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。詳しくは こちらをご覧ください。
[ サポカーS<ワイド> 4つの先進安全装置 ]●衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者) ●ペダル踏み間違い時加速抑制装置 ●車線逸脱警報 ●先進ライト(自動切替型前照灯)

みんなに安全・安心を。「スマートアシスト」搭載車はサポカーS<ワイド>に適合。
■セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。詳しくは こちらをご覧ください。
[ サポカーS<ワイド> 4つの先進安全装置 ]●衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者) ●ペダル踏み間違い時加速抑制装置 
●車線逸脱警報 ●先進ライト(自動切替型前照灯)

■スマートアシストに頼った運転は絶対に行わないでください。スマートアシストは、ドライバーの判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転を心がけてください。 ■スマートアシストの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。 ■雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。 ■作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。 ■このほか、スマートアシストについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■スマートアシストの詳細は販売会社にお問い合わせください。

クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。


衝突警報機能
(対車両・対歩行者[昼夜])


衝突回避支援ブレーキ機能
(対車両・対歩行者[昼夜])

走行中に前方の車両(二輪車、自転車を含む)、歩行者(昼夜対応)を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。
さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■状況によっては、衝突回避支援ブレーキ機能が作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。
■衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります。
■衝突回避により車両停止後、衝突回避支援ブレーキ機能が解除されます。CVT車はクリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。また、MT車はエンジンが停止します。ただし、クラッチペダルを踏んだ状態では停止しません。
■衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車、歩行者に作動します。ただし、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。
■歩行者が大きな荷物を持っているなど、ステレオカメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。
■車両、二輪車、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。
■被害軽減ブレーキアシスト機能は、速度差が約30~約120km/h(対歩行者の場合は、約30~約60km/h)で作動します。
■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
 ●夜間時の対二輪車・対自転車
 ●前方の視界が悪い時(強い雨、吹雪、濃霧など)
 ●前方車両との重なりが少ない時
 ●急カーブや急な坂道を走行している時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

遠方の仕事や長距離の配送も、無理なく安心して運転できる。
グレード・カラーについてはこちらをご覧ください

Photo:ハイゼットトラック スタンダード(2WD CVT)。ボディカラーはブライトシルバーメタリック〈S28〉。

クルマがふらつかないようにサポート。


ふらつき警報

長時間走行中、クルマのふらつきを検知すると、ドライバーへブザー音とメーター内表示でお知らせします。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
 ●約60km/h以上で走行していない時
 ●白(黄)線と道路表面の区別ができない時や、かすれたり汚れたりして見えにくい時
 ●悪天候時(豪雨、吹雪、濃霧、砂嵐など)により白(黄)線が見えにくい時
 ●路面に雪が残っていたり湿っている時
 ●前方から強い光(太陽光などによる逆光や対向車両のヘッドランプの光など)を受けている時や、強い光が道路に反射している時
 ●トンネルの出入り口や、木、建物の影などで明るさが変化した時
 ●夜間で街灯のついていない道路を走行している時
 ●先行車との車間距離が短い時
 ●車線の幅が狭い時や広い時、または変化している時
 ●急なカーブのある道路を走行する時
 ●フロントウインドゥ外側が汚れ、泥、湿った雪に覆われている時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

路側へはみ出さないようにサポート。


路側逸脱警報機能

約60km/h以上で走行中、クルマが路側へはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
 ●前方から強い光(太陽光などによる逆光や対向車両のヘッドランプの光など)を受けている時や、強い光が道路に反射している時
 ●道路の修復などのため、アスファルトの継ぎ目や線状の補修痕がある時
 ●経年などにより、道路の白(黄)線にかすれや重複、タイヤ痕などがある時
 ●交差点や横断歩道など車線の数が増減している区間や車線が複雑に交差している区間を走行する時
 ●道路の幅が狭い時や広い時、または変化している時
 ●分岐・合流路などを走行する時
 ●急なカーブのある道路を走行する時
 ●フロントウインドゥ内側が曇っている時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

車線からはみ出さないようにサポート。


車線逸脱警報機能


車線逸脱抑制制御機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音でお知らせ。クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示でお知らせするとともに、車線内に戻すようハンドル操作をアシストします。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■ターンシグナル(方向指示灯)を使用している時は作動しません。
■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
 ●悪天候(豪雨・吹雪・濃霧など)により白(黄)線が見えにくい時
 ●前方から強い光(太陽光などによる逆光や対向車両のヘッドランプの光など)を受けている時や、強い光が道路に反射している時
 ●道路の修復などのため、アスファルトの継ぎ目や線状の補修痕がある時
 ●経年などにより、道路の白(黄)線にかすれや重複、タイヤ痕などがある時
 ●交差点や横断歩道など車線の数が増減している区間や車線が複雑に交差している区間を走行する時
 ●車線の幅が狭い時や広い時、または変化している時
 ●分岐・合流路などを走行する時
 ●急なカーブのある道路を走行する時
 ●フロントウインドゥ内側が曇っている時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

踏み間違いや、信号待ちでのうっかりなど、さまざまな場面でサポートしてくれて心強い!
グレード・カラーについてはこちらをご覧ください

Photo:ハイゼットトラック スタンダード“農用スペシャル”(4WD 5MT)。選べるカラーパック(ボディカラー:トニコオレンジメタリック〈R71〉)はメーカーオプション。

ペダルを踏み間違えたときに、急発進を抑制。


ブレーキ制御付誤発進抑制機能
(前方・後方)

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザー音とメーター内表示で警告。さらに、障害物に衝突する危険性があるとシステムが判断するとブレーキ制御が作動します。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■テールゲートが閉じていない時、誤発進抑制制御機能(後方)が適切に作動しないことがあります。
■次の場合は作動しません。
〈後方のみ〉
 ●ワイパーがHiの時
〈前方・後方〉
 ●ドライバーが回避動作(ハンドル操作など)を行った時
 ●ウインカーONの時
■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
〈ステレオカメラの場合〉
 ●前方の視界が悪い時(強い雨、吹雪、濃霧など)
 ●フロントウインドゥに曇りや汚れがある時
 ●障害物がガラスの場合
 ●障害物がフェンスやレンガなど均一な模様を持つものの場合
 ●障害物がまったく模様のない壁やシャッターの場合
〈ソナーセンサーの場合〉
 ●バンパーの非常に近い所に障害物がある時
 ●周囲で大きな音が鳴っていたり、超音波を発するものがある時
〈前方・後方〉
 ●障害物と車両が垂直でない時
 ●障害物の高さが低い時(縁石など)
 ●自車の中心と障害物が外れている時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

信号待ちでの発進遅れ防止をサポート。


先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■CVT車はブレーキペダルを踏んでいる時に作動します(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します)。
■MT車は[R]以外でブレーキを踏んでいる時に作動します。
■前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。

標識の見逃し予防をサポート。


標識認識機能

(進入禁止/最高速度※3/一時停止)

進入禁止、一時停止の標識をステレオカメラが検知するとメーター内に表示 ※4してお知らせします。道が入り組んだ住宅街や高速道路での運転時などに役立ちます。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■作動車速域は、進入禁止が~約60km/h、一時停止が~約60km/hとなります。
■次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
 ●標識の手前で減速した時や、右左折前、右左折後
 ●標識が高速道路の分岐した直後、または合流直前の隣の車線にある時
 ●認識対象の標識の色、形、数字に似たものが周辺にある場合(類似の標識、電光掲示板、看板、のぼり旗、構造物など)
 ●ロータリー(環状交差路)を走行している時
 ●悪天候時(豪雨、吹雪、濃霧、砂嵐など)
 ●夕方、朝方の薄暗い時や、夜間に対象物に接近する時
 ●屋内の駐車場など暗い場所で対象物に接近する時
 ●前方から強い光(太陽光などによる逆光や対向車のヘッドランプの光など)を受けた時
 ●標識の全体または一部が、木・電柱などで隠れている時
 ●標識が泥、雪、または霜などで覆われた時
 ●標識が街灯などの光や建物の影などで見えにくくなっている時
 ●電光標識が極端に明るい、または暗い時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

夜間でも周囲が見やすいから、仕事への道のりも安心。
グレード・カラーについてはこちらをご覧ください

Photo:ハイゼットトラック エクストラ(2WD CVT)。ボディカラーはブライトシルバーメタリック〈S28〉。

夜間走行時の視認性確保をサポート。


AHB (オートハイビーム)


ADB (アダプティブドライビングビーム)
[メーカーオプション ]

オートハイビームは、対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え。先行車や対向車などがいない時はハイビームにし、遠くまで見通しを確保します。
ADB(アダプティブドライビングビーム)は、ハイビームで走行中に先行車や対向車を検知した時、部分的に遮光し、先行車や対向車に配慮しながら高い視認性を確保できます。どちらも夜間走行の安心感を高めます。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

〈AHB(オートハイビーム)〉
■自車速度約30km/h以上で作動します。
■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限度があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、状況に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
〈ADB(アダプティブドライビングビーム)〉
●ADB=Adaptive Driving Beam
■自車速度約30km/h以上で作動します。
■次のような場合は、ハイビームが自動で遮光ビームに切り替わらない場合があります。
 ●見通しの悪いカーブで対向車と突然すれ違った時
 ●他車が前方を横切った時
 ●連続するカーブや中央分離帯、街路樹などで前方車両が見え隠れする時
 ●前方車両が離れた車線から接近した時
 ●前方車両が無灯火の時
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

暗い交差点で歩行者の見落としを減らす。


サイドビューランプ
[メーカーオプション ]

通常のヘッドランプに加え、ハンドルを切った方向やターンランプを出した方向を明るく照らします。また、シフトを[R]レンジに入れると左右のランプが点灯します。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■次のような場合は、点灯しません。
 ●ADBシステムが作動していない時
■次の場合に点灯したサイドビューランプが消灯します。
 ●ロービームをOFFにする
 ●両側のランプが点灯後、約5km/h以上で前進する
 ●ターンランプをONにし、片側のランプが点灯後、ターンランプをOFFにする
 ●ハンドル操作にて片側のランプが点灯後、ハンドルをまっすぐな状態に戻す
 ●点灯した状態で5分以上放置する
など 詳しくは取扱説明書をご確認ください。

警告音と表示で、障害物の確認をサポート。


コーナーセンサー
(フロント2個/リヤ4個)

コーナーセンサーをクルマの前後に装備。障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポートします。

+ 安全情報についてはこちらを必ずお読みください

- 閉じる

■シフトポジション[D]、[B]、[S]、[N]時は、フロント2箇所、シフトポジション[R]時は、フロント2箇所+リヤ4箇所のセンサーが作動します。

  • ヒルホールドシステム(CVT車)

    登り坂での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える時に、クルマの後退を防ぎます。

  • VSC&TRC

    VSCは急なハンドル操作や、滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして車両安定性を確保します。TRCは発進・加速時にタイヤの空転を抑えて、アクセル操作を容易にします。


    ●VSC=Vehicle Stability Control
    ●TRC=Traction Control
    ■VSC&TRCを過信しないでください。
    VSC&TRCが作動した状態でも車両の安定性の確保には限界があります。無理な運転をせず、安全運転を心がけてください。

  • 56km/hオフセット衝突に対応。安心の基本は、頼れるボディ。

    万が一の衝突時、ボディ前後で衝撃を効果的に吸収し、さらに、高強度なキャビンが生存空間を確保する設計。国内安全基準(前面・後面)をクリアし、最新の法規「56km/hオフセット衝突」にも対応しています。

  • バックソナー(リヤ2個)

    [スマートアシスト非装着車に標準装備]


    後方の障害物までの距離をソナーで認識。距離に応じてブザー音の間隔を変化させて車庫入れなどをサポートします。

その他の主な安全装備

ABS(EBD機能付)
●EBD=電子制御制動力配分システム

エマージェンシーストップシグナル

デュアルSRSエアバッグ
●SRS=Supplemental Restraint System[乗員保護補助装置]

プリテンショナー&フォースリミッター機構付
フロント3点式ELRシートベルト(運転席/助手席)

ダイハツからのおすすめ

  • ■写真はすべてイメージです。
  • - それぞれのモニター特性のため実際の色とは異なる場合があります。
  • - 小物類は撮影のために用意したものです。
  • - ハメコミ合成の場合があります。
  • - 機能説明のために各ランプを点灯したイメージは、実際の走行状態を示すものではありません。
  • - 機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルの場合があります。
  • - カメラ・ソナーセンサーの検知範囲はイメージです。
  • - 実際の走行時には、路面の状態に応じたタイヤの選択や安全に配慮した運転にご留意ください。

  • ■対歩行者衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定制度およびペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定制度は、運転者の安全運転を支援する機能を備えた「安全運転サポート車」の普及啓発の一環として、乗用車等の衝突被害軽減ブレーキおよびペダル踏み間違い急発進抑制装置(障害物検知機能付のものも含む)が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する制度です。
  • ■自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が安全な自動車の普及を推進する目的で、1955年度より公表している自動車安全情報。

  • ■仕様は改良のため予告なく変更することがあります。最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
  • ■グレードにより設定は異なります。
  • ■装備類の詳しい設定は 主要装備一覧表をご覧ください。
  • ■走行中は収納または積載したものが運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
  • ■カメラが映し出す範囲は限られています。必ず車両周辺の安全を直接確認してください。
  • ■安全のため、カメラ使用時も目視による安全確認を行いながら運転してください。

  • ■スマートアシストの詳細は こちらをご確認ください。
  • ■上記の内容は、特装車シリーズと異なる場合があります。
  • ※1:スマートアシストの機能はグレード別設定で、一部はメーカーオプションです。詳しくは主要装備一覧表をご覧ください。
  • ※2:軽キャブトラックとして、初採用。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。
  • ※2:軽キャブトラックとして、初採用。2021年12月現在。ダイハツ工業(株)調べ。他社にも同時に初採用の車があります。
  • ※3:標識認識機能(最高速度)はメーカーオプションの「6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」装着時のみ機能します。
  • ※4:標識認識機能(進入禁止/一時停止)はメーター内インジケーターに表示されます。「6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」を選択した場合、ディスプレイオーディオ上にも表示されます。
当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。