車内空間・荷室・内装

自然と身体になじむ使い心地を。

Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。 ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
ワイド エントリー メモリーナビ[2017モデル]はディーラーオプション。最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。

運転のしやすさを最優先に考えて。
  • Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
    ワイド エントリー メモリーナビ[2017モデル]はディーラーオプション。
    最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
  • Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
    ワイド エントリー メモリーナビ[2017モデル]はディーラーオプション。
    最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
  • Photo:L“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
    インテグレートCD(CD-R/RWに対応)・AM/FMラジオ・AUX端子はメーカーオプション。
  • Photo:L“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
    インテグレートCD(CD-R/RWに対応)・AM/FMラジオ・AUX端子はメーカーオプション。
ゆとりをもって座れる・使える空間。
室内長2,025mm(G

■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはブライトシルバーメタリック〈S28〉。

後席の人もくつろげる、ゆとりの室内。

コンパクトなボディの中に、長さ・高さとも十分な室内を、ダイハツのパッケージ技術を駆使して両立。特にリヤ席のひざ前は、大人がラクに座れるたっぷりとした広さです。

毎日頻繁にする乗り降りから快適。

圧迫感のない頭上空間

新設計のフロントシートによりヒップポイントを下げ、斜め上の視界も拡大。頭上空間のゆとりと前方視界を広げました。

操作しやすいバックドア

樹脂バックドアを採用し軽量化。小柄な方でも手が届きやすいよう、ハンドルを設定しました。閉まり音の音質にもこだわりました。さらに、スイッチ式バックドアオープナーを軽で初採用※1しました。

※1:2017年5月現在。ダイハツ工業(株)調べ。

立体駐車場に入る高さ

1,550mm制限のある立体駐車場にも入る高さ。駐車する場所の心配を減らし、お出かけの自由を広げます。

最小回転半径4.4m

取りまわしラクラク

小回りがきき、狭い路地・駐車場での運転や、
車庫入れ、縦列駐車、Uターンもラクにできます。

ゆったり運転できる姿勢

ゆったり運転できる姿勢
従来よりステアリングを身体に近く、ペダルは少し遠ざけ、よりゆとりある自然な姿勢を実現。加えて、体格に合った姿勢に調整できる運転席シートリフターやチルトステアリングも採用しています。

よく使うものが手を伸ばせばすぐ届く。機能的で充実した収納。

Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはスカイブルーメタリック〈B83〉。
ワイド エントリー メモリーナビ[2017モデル]はディーラーオプション。最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。

インパネロングアッパートレイ(助手席)

センターフロアトレイ

※2:ティッシュ箱の収納状態は、携帯電話などの収納空間を表すための演出となります。

  • 掘込み式インパネドリンクホルダー
    (運転席/助手席)

  • グローブボックス

  • ドアポケット(フロント)

  • ショッピングフック
    (インパネ)

  • ドアポケット&ボトルホルダー
    (リヤ)

  • ラゲージルーム(2人乗車時)

  • ラゲージルーム(4人乗車時)

  • ビジネスデッキボード

    [B“SA Ⅲ”、Bに標準装備。G“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、L“SA Ⅲ”、Lにディーラーオプション]

■後席使用時は、ビジネスデッキボードを取り外してください。
■リヤシートを倒した状態で使用してください。

DEALER OPTIONアクセサリーで個性的な空間を演出

ディーラーオプション

Interior

ナビはイメージです。写真はディーラーオプション装着車。
■詳しくは アクセサリーページをご覧ください。


■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメコミ合成です。
■写真の小物類は撮影のために用意したものです。
■走行中は収納したものが運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
■安全のため、左側リヤシートに人が乗っている場合は、助手席を倒した状態で走行しないでください。シートベルトの性能が十分に発揮されない場合があります。
■ディーラーオプションのナビの最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
■装備類の詳しい設定は、主要装備一覧表をご覧ください。
■上記の内容は、フレンドシップシリーズ(福祉車両)と異なる場合があります。

ダイハツからのおすすめ

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。