• 地域づくり
  • 安全安心

Pick up

ダイハツグループCSR活動

地域密着プロジェクト

「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」をサポート

  • facebook
  • twitter
  • line

当社は、グループスローガン「Light you up」を体現する新たな取組みとして「地域密着プロジェクト」を開始いたしました。
お客様や地域の方々との接点拡大に重点を置いた「コトづくり」活動の一環であり、社会課題の一つである「少子高齢化」「地域活性化」に対し、ダイハツの強みを活かし課題解決を目指す取組みです。

地域密着プロジェクトは、産官学民の連携により、高齢化が進む地域社会で、「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」をサポートしていきます。

具体的な活動としては、「健康安全運転講座」をダイハツのお店で開催。
国家資格を持った医療従事者である理学療法士は、安全に運転するための体力維持、筋力アップの運動指導や、認知機能維持のための指導を行います。
JAF・ダイハツが安全運転を指導、衝突回避支援システム体験も実施します。

「健康安全運転講座」の流れ

12:30

ダイハツのお店へ集合・受付

受講前当日の健康状態チェックするため、受付で血圧測定

Aチーム、Bチームに分かれて、健康安全運転講座スタート

13:00

① 理学療法士による体力測定・運動指導

椅子から立上がり、コーンを回って座るまでのタイムを測定

片足立ちで何秒間立てるか測定

認知機能維持のための運動指導

14:00

② JAFによる安全運転指導講座、ダイハツによる衝突回避支援システム体験

店舗の前で、死角の確認

店舗の駐車場で、運転姿勢の指導

衝突回避支援システム体験

15:00

終了

参加者の声

参加することが
認知症予防

なる

クルマがないと
生活できない
ので、
このような取組みは
有り難い

店舗スタッフの声

地域の方のお役に立てる喜びも実感。
会社にも、自分たちの営業活動にもつながっている
ことがわかった

地域の課題がみえてきた。
会社がどんな事を求めているのか、自分は何が出来るのか
考えるきっかけになった

「健康安全運転講座」を通じて、地域の方々の笑顔に触れ、スタッフ一人一人が地域とつながる大切さを実感できる場になっております。

この取組みは2017年度よりプロジェクトを推進し、本格的に全国展開を開始した2018年度までで累計1,200名を超える地域住民の皆様に参加いただきました。2020年を目処に全国的な活動として拡大定着してまいります。

  • facebook
  • twitter
  • line

「地域密着プロジェクト」の販売会社の取り組み

pagetop