民間企業と農業法人協会の異業種コラボが生み出す、奈良県農業の新しいスタイルとは!?

奈良ダイハツ(株)
  • facebook
  • twitter
  • line

40~50年前、全国の就農者数は500万人以上でしたが、現在は約160万人と急激に減っています。奈良県でも農業の担い手は年々減少。特に若い世代の就農者を獲得することが、課題の一つでもあります。そこで、奈良県農業法人協会を中心に、まずは奈良の農業について知ってもらおうと、イベントの開催や出展を積極的に実施。その活動を通して交流が深まった、山口農園の山口貴義社長、奈良ダイハツの海保力也社長、マイナビ農業の池本博則事業部長。「奈良県の農業事情と未来」というテーマで、3名の熱い対談が実現しました。

  • facebook
  • twitter
  • line
前のページへ戻る

この取り組みを実施した販売会社

pagetop