#INTERIOR

後部座席の「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」は、降車時に運転席脇のスイッチで事前予約することで、次にクルマに近づいたときに自動で開錠、オープンする。両手が荷物でふさがっていても積み込みがスムーズ。
▪「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」はセオリーGターボ、セオリーGに標準装備。
▪作動には一定の条件があります。
▪運転中は収納したものが運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
▪写真の小物類は撮影のために用意したものです。
「キャンバス セオリー」の魅力のひとつは、機能と心地よさを兼ね備えた車内空間。
車内を第2のリビングのように楽しむためのアイデアを、インテリアスタイリストの大谷優依さんに聞きました。
Yui Otani
大谷優依
1987年東京都生まれ。
エディトリアルデザイナーを経てインテリアスタイリストに。
ナチュラルでありながら洗練されたスタイリングに定評があり、「アンド プレミアム」を含む雑誌や広告、CMなどで幅広く活躍。

  • テイクアウトしたカップがぴったりと収まる「ホッとカップホルダー」。スイッチひとつで起動して、ドリンクをちょうどいい温度に保ってくれる。▪「ホッとカップホルダー」は、セオリーGターボ、セオリーGに標準装備。
  • 「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」は、直感的に扱える操作性も魅力。スマートフォンとの連携、音楽の再生まで難なくできる。▪「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」はメーカーオプション。
 「ひと目見たときに「使いやすそう!」と、まずは機能面の充実度に驚きました」と大谷さん。そんな最新の装備を生かせば、日々のドライブに欠かせないものたちもいっそう楽しめる。紅茶好きの大谷さんにとって、インパネに搭載された保温機能付きの「ホッとカップホルダー」は特に便利に映ったそう。「仕事で車に乗るときには、必ず飲み物を買うんです。特に好物の紅茶は、仕事の合間にリラックスするのにテイクアウトしています。自分を褒めたいときには、フレーバーにこだわって選ぶことも」。温かくキープしてくれるから、味も香りも長く楽しめるのがうれしい。

 Bluetoothを使った、ディスプレイオーディオとスマートフォンとの連携機能も、乗るたびに活躍してくれるポイントのひとつ。一度設定すればその後は自動で連携してくれ、スマートフォン内の音楽を手軽に再生できる。「クルマに乗ると風景が変わるので、それに合わせて音楽を聴きたくなります。長距離移動の際には車内のみんなが楽しめるような懐かしい曲をかけてみたり、気分を盛り上げるのに大切ですよね」
■「ホッとカップホルダー」は室温25℃前後において、ホットドリンクを2時間後42℃にキープ。

  • 片手で引き出してついたても立てられ、楽に使える「置きラクボックス」。高さのあるものも収納しやすい。▪ 「置きラクボックス」、「シートバックユーティリティフック」はセオリーGターボ、セオリーGに標準装備。
  • ついたてを倒したままのケースモードでは、ブランケットなどリラックスタイムのためのセットを保管。▪ 「置きラクボックス」、「シートバックユーティリティフック」はセオリーGターボ、セオリーGに標準装備。
 インテリアスタイリストという仕事柄、クルマで荷物を運ぶことが多い大谷さんにとって収納力は気になるところ。後部座席の下から引き出す「置きラクボックス」は、「花や瓶など、車内で倒れやすいものを載せることが多いので助かります」と、特に使い勝手に優れた機能だ。ついたてを立ち上げたバスケットモードは、「食材の入った紙袋や、テイクアウトしたごはんなど、袋をそのままボックスに入れて運べるのが便利です」

 ついたてを倒したままのケースモードで使用すれば、積みっぱなしにしておきたいものを収納しておける。「車内でリラックスタイムを過ごすときのために、薄手のブランケットを積んでおくといいですよね。あとはカトラリー。旅先のスーパーなどでおいしそうなフルーツに出合うことがあって、そんなときにすぐに食べられるとうれしいなって。何かあったときに備えて、薬や絆創膏を入れておくのもいいかもしれません」
▪運転中は収納したものが運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
▪「シートバックユーティリティフック」:耐荷重3kg。
▪写真の小物類は撮影のために用意したものです。

  • シートは女性一人でも難なく動かせて、アレンジ操作も簡単。ロングソファモード以外に、大型の荷物を載せるためのアレンジも可能だ。
  • クッションやライトも置いて、自宅にいるようにリラックス。次はどこへ行こうか、一息つきながら想像を巡らせるのも楽しい。
 大谷さんが実際に「キャンバス セオリー」に触れて特に実感したのは、広々とした車内空間。「外から見たコンパクトな印象を良い意味で裏切られました。4人で乗っても快適に過ごせそう」と、そんなゆとりのある車内をリビングのように使ってもらった。運転席と助手席を倒したシートアレンジで、ロングソファモードに。「シックなシートに同系色のマルチカバーを合わせてみました。バスケットに仕事道具を入れておけば、収納兼テーブルとして使えます」

 「旅行中や移動先で、ちょっと一息つきたい、仕事をしたいということもあるのですが、カフェが混んでいて入れないこともしばしば。でもこのクルマならいつでも、どこでも自分の部屋のようにリラックスできますね。景色の良いところに停めて、お茶を飲んで…と、時間の使い方のアイデアも広がります」。自分らしい楽しみ方を叶える一台だ。
▪⾛⾏中は⾞内に持ち込んだものが移動し、運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
▪写真の小物類は撮影のために用意したものです。
(使用アイテムのクレジットはこちら:https://andpremium.jp/canbus-theory/credit/)
photo & movie:Shinnosuke Yoshimori

#INTERIOR

close