安全性能

アクティブな楽しい時間を、安全装備で揺るぎなく。

■写真はToyota Safety Sense Pの作動イメージです。

みんなに安全・安心を。メビウスはサポカーに適合。

●セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。

●セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。

クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

“Toyota Safety Sense P” は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

ぶつからないをサポート。
プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/h以上から作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
■数値はトヨタ自動車株式会社測定値。

ついていくをサポート。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

ミリ波レーダーと単眼カメラからの情報により、先行車を認識。設定車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行ができます。

■車間距離制御には限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
■道路状況および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

はみ出さないをサポート。
レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)

道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

※車線逸脱警報。

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

夜間の見やすさをサポート。
オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。
■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

Safetyアクティブな楽しい時間を、安全装備で揺るぎなく。

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、ハイブリッドシステム出力を抑えます。

Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付) メーカーオプション

[S“ツーリングセレクション”に標準装備。Sはメーカーオプション]

ヘッドランプは、1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが行えるBi-Beam(バイ-ビーム)LEDを採用。前方を明るく照射しながら、省電力に寄与します。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

  • 緊急ブレーキシグナル

    緊急ブレーキシグナル
    急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促します。
  • 車両接近通報装置

    車両接近通報装置
    発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチ操作で、発音のON/OFFも可能です。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。

S-VSC※1

電動パワーステアリングとブレーキ制御(VSC、ABSなど)、駆動力制御(TRC※2)の機能を協調させ、車両の挙動が安定する方向に駆動力配分と操舵トルクをアシストするシステムです。さまざまな状況下で、優れた走行安定性・操縦性を確保します。

※1. S - VSC:Steering - assisted Vehicle Stability Control
※2. TRC:Traction Control
■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

■写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■装備類の詳しい設定は、主要装備一覧表をご覧ください。

ダイハツからのおすすめ

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。