走行性能・燃費

お気に入りのショップは、不思議と小道の先にある。だから小回りボディが好き。

Photo:G“SA Ⅱ”。ボディカラーのファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉+デザインフィルムトップ(ヘアライン調/シルバー)、純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。
ワイド ダイヤトーンサウンド メモリーナビ[2017モデル]はディーラーオプション。最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
走行燃費:キャスト スタイルの走行燃費は25.0~30.0km/Lです。

スモールカーの走りにさらなる歓びをプラスする。

路面の凹凸やコーナーなどの立体的(3D)状況を吸収し、フラットな乗り心地とスムーズな加速を実現。
クルマにかかる力を最適に制御し、クルマが持つ力を最大限に発揮させることで、段差の乗り越えやカーブにおいて繰り返し発生する上下左右の頭の動きを少なくし、高速道路でのレーンチェンジでは無駄のないステアリング操作で運転に余裕を生み出すなど、ドライバーのあらゆる走行シーンにおいて、軽の枠を超えた快適で安心できるクルマづくりを追求しています。

  • フロントサスペンションにはマクファーソン・ストラット式コイルスプリングを採用。リヤサスペンションには、2WD車はトーションビーム式コイルスプリングを、4WD車は3リンク式コイルスプリングをそれぞれ採用しています。サスペンションの特性見直しや剛性アップなど、ムダなステアリング操作が少なく、運転時のストレスを軽減する安心のチューニングを施しています。

  • 軽量高剛性ボディを採用。トンネル後端、リヤサスペンション取付点、サスペンションメンバー、サイドアウターとインナーの剛性を高めることで、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。加えてトンネル、シート取付骨格、サスペンションメンバーの高剛性化により、静粛性にも寄与し、強度を保ちながら軽量化を図ることで低燃費にも大きく貢献しています。

  • パワーモードスイッチをステアリングに搭載。走行中、ONとOFFの切り替えを簡単にステアリングから手を離すことなく行えます。主にシフトポジションが「D」レンジのときにスイッチをONにすると、エンジンの回転数を上げ、スロットルをより高開度に制御することで、軽快な走りとスムーズな加速を実現。また、スイッチOFF時は通常どおり燃費の向上に貢献するエコモードとなります。

Driving Supportひとりひとりに、ちょうどいいドライビングポジションをセット。

ドライビングサポートパックメーカーオプション※

いつでも最適な運転姿勢がとれるステアリング位置やペダルレイアウトに加え、長時間運転しても疲れにくいシートを設定。さらに運転する人それぞれの体格に合わせて、ドライビングポジションをきめ細かく調整できます。

※グレードにより設定は異なります。

最小回転半径4.7m

最小回転半径

狭い駐車場や縦列駐車、車庫入れもスムーズに行えます。

eco IDLEクルマが止まる少し前からエンジンをストップ。毎日低燃費。
状況に応じて作動をコントロールするので、安心・快適。坂道発進時も安心な機構付です。

 渋 滞  渋滞時の微低速前進(約10km/h以内)と停止の繰り返しでは、作動しません。

 駐車時  バック時とバック後の前進約10km/h以内の切り返しでも作動しないため、スムーズに駐車できます。

 坂 道  道路勾配が約10%までの坂道なら、作動します。坂道発進時の後退を軽減するヒルスタートシステム付。

■エコアイドルの作動には、さまざまな条件があります。条件によってはエンジンを停止させない場合や、「停車前アイドリングストップ機能」が作動せず、通常のアイドリングストップとなる場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧いただくか、販売会社までお問い合わせください。

全車でエコカー減税の対象に
  • キャスト スタイルのツインカムDVVT3気筒12バルブエンジンの走行燃費は2WD車の場合30.0km/L,4WD車の場合26.8km/L
  • キャスト スタイルのツインカムDVVT3気筒12バルブインタークーラーターボ付エンジンの走行燃費は2WD車の場合27.0km/L,4WD車の場合25.0km/L

※燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■装備類の詳しい設定は、主要装備一覧表をご覧ください。

ダイハツからのおすすめ

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。