走行性能・燃費

スモールカーの走りにさらなる歓びをプラスする。

グレード・カラーについてはこちらをご覧ください

Photo:G“SA Ⅲ”(2WD)。ボディカラーはブラックマイカメタリック〈X07〉。デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)、純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。ワイド スタンダード メモリーナビ[2021モデル]はディーラーオプション。

「※」 「 ■ 」に搭載情報または注意事項を記載しております。ご参照ください。

スモールカーの走りにさらなる歓びをプラスする。

路面の凹凸やコーナーなどの立体的(3D)状況を吸収し、フラットな乗り心地とスムーズな加速を実現。
クルマにかかる力を最適に制御し、クルマが持つ力を最大限に発揮させることで、段差の乗り越えやカーブにおいて繰り返し発生する上下左右の頭の動きを少なくし、高速道路でのレーンチェンジでは無駄のないステアリング操作で運転に余裕を生み出すなど、ドライバーのあらゆる走行シーンにおいて、軽の枠を超えた快適で安心できるクルマづくりを追求しています。

  • フロントサスペンションにはマクファーソン・ストラット式コイルスプリングを採用。リヤサスペンションには、2WD車はトーションビーム式コイルスプリングを、4WD車は3リンク式コイルスプリングをそれぞれ採用しています。サスペンションの特性見直しや剛性アップなど、ムダなステアリング操作が少なく、運転時のストレスを軽減する安心のチューニングを施しています。

  • 軽量高剛性ボディを採用。トンネル後端、リヤサスペンション取付点、サスペンションメンバー、サイドアウターとインナーの剛性を高めることで、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。加えてトンネル、シート取付骨格、サスペンションメンバーの高剛性化により、静粛性にも寄与し、強度を保ちながら軽量化を図ることで低燃費にも大きく貢献しています。

  • パワーモードスイッチをステアリングに搭載。走行中、ONとOFFの切り替えを簡単にステアリングから手を離すことなく行えます。主にシフトポジションが「D」レンジのときにスイッチをONにすると、エンジンの回転数を上げ、スロットルをより高開度に制御することで、軽快な走りとスムーズな加速を実現。また、スイッチOFF時は通常どおり燃費の向上に貢献するエコモードとなります。

Driving Supportひとりひとりに、ちょうどいいドライビングポジションをセット。

チルトステアリング/運転席シートリフター

いつでも最適な運転姿勢がとれるステアリング位置やペダルレイアウトに加え、長時間運転しても疲れにくいシートを設定。さらに運転する人それぞれの体格に合わせて、ドライビングポジションをきめ細かく調整できます。

●写真はディーラーオプションの8インチ スタンダード メモリーナビ[2021モデル]装着車。

プッシュボタンスタート

電子カードキーを携帯していれば、ブレーキを踏みながらボタンを押すだけで、エンジンの始動が手軽に、スマートに行えます。

ユーザーズボイス「みんなの声」

女性35歳

愛媛県

2017年10月購入

4.0
毎日の通勤でお世話になってます
今までの車に比べて燃費もよく快適です。子供の送り迎えもするが、座席が広いので大人が乗っても快適です。
続きを読む

女性72歳

鹿児島県

2017年10月購入

4.0
小回りが利き、買い物に最適
スマートアシストとパノラマモニターもついていて、買い物のとき駐車場に停めやすい。車高が高く見通しも良いので運転しやすい。これまでの二人乗りに比べて、室内もゆったり...
続きを読む

ダイハツからのおすすめ

  • ■写真はすべてイメージです。
    -それぞれのモニター特性のため実際の色とは異なる場合があります。
    -小物類は撮影のために用意したものです。
    -ハメコミ合成の場合があります。
    -機能説明のために各ランプを点灯したイメージは、実際の走行状態を示すものではありません。
    -機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルの場合があります。
    -カメラ・ソナーセンサーの検知範囲はイメージです。
    -実際の走行時には、路面の状態に応じたタイヤの選択や安全に配慮した運転にご留意ください。

  • ■仕様は改良のため予告なく変更することがあります。最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。
  • ■グレードにより設定は異なります。
  • ■装備類の詳しい設定は主要装備一覧表をご覧ください。
  • ※1. 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
    ※2.WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。