1. 軽自動車まるわかりガイドTOP
  2. 教えて!軽自動車
  3. 女性想いの軽自動車 装備や工夫を紹介!

教えて!軽自動車

軽を知る

軽を選ぶ

便利機能

女性想いの軽自動車 装備や工夫を紹介!

  • このページは…役に立った!

クルマには男性用、女性用という区別はありません。ですが、最近の軽自動車は女性ユーザーにうれしい工夫が盛りだくさん。今回はどんな部分がとくに女性にとって使いやすいかをご紹介!

女性の身の回りの小物をすっきり収納!

※画像はキャスト スタイルG“SA II”(オプション装着車)

軽自動車はサイズがコンパクトで車両感覚が掴みやすく、それ自体が女性にとって運転しやすいものになっていると言えます。細かい部分を見てみると、さらに女性ユーザーのことを考えて設計されていることが分かります。

今回は、キャスト スタイルをモデルに収納スペースや装備をご紹介します。

インストルメントパネル周りやドア、アームレストetc、いろいろなところに小物などを入れられる収納スペースがあるようです。それぞれくわしく見ていきましょう!

運転席&助手席まわり

運転席と助手席の頭上には、サングラスやメガネを収納するためのオーバーヘッドコンソールがあります。アイウェアだけでなく、ガソリンスタンドのサービスカード類などを入れておいてもいいでしょう。※プラスチック素材のメガネなどを収納したままにしないでください。炎天下で車内が高温になったときの熱や他の収納物との接触により、変形やひび割れを起こすことがあります。

[左]オーバーヘッドコンソール[右]メガネやサングラス入れにピッタリ[左]オーバーヘッドコンソール[右]メガネやサングラス入れにピッタリ

助手席の前のグローブボックスには、ティッシュボックスをまるごと1個入れることが可能です。ちょっとしたお化粧直しなど、何かとティッシュペーパーを使うことが多い女性にとってうれしい配慮ですね。

[左]ティッシュボックスがそのまま入ります[右]運転席からも取り出しやすい[左]ティッシュボックスがそのまま入ります[右]運転席からも取り出しやすい

その上には、インパネアッパーボックスも設置されています。CDケースなどを入れたり、箱形のウエットティッシュなどを収納したり、これも何かと重宝する収納スペースのひとつ。

何かと便利なインパネアッパーボックス何かと便利なインパネアッパーボックス

お財布や携帯電話を車内のどこに置いたか、分からなくなってしまったという経験を持つ人も多いと思います。大切なモノはインパネセンタートレイやインパネロアポケットにしまいましょう。これならいつも定位置で、すぐに見つけることができますね。

[左]インパネセンタートレイ[右]インパネロアポケット[左]インパネセンタートレイ[右]インパネロアポケット

[左]取り出しやすい位置にお財布を収納[中]携帯電話の定位置にしてもいいですね[右]ロアポケットは深さがあるので、厚みのあるものも収納しやすい[左]取り出しやすい位置にお財布を収納[中]携帯電話の定位置にしてもいいですね[右]ロアポケットは深さがあるので、厚みのあるものも収納しやすい

ハンドルの下にも収納スペースがあります。長財布を愛用する女性は多いと思いますが、長財布の収納にジャストなスペース。その横にも小さな収納があるのですが、小銭を何枚か入れておけば有料道路の料金や駐車料金などを払う時、いちいち財布を出さなくてもさっと取り出すことができそうです。(インパネアンダートレイ&運転席サイドトレイ)

ハンドルの下や横にも、ドライバー想いの収納がハンドルの下や横にも、ドライバー想いの収納が

フロントセンターアームレストのボックスもなにかと使い勝手のよい収納スペースのひとつです。コスメグッズをしまっておいたり、ちょっとしたお菓子を入れたりと使い方は自由自在。

[左]フタつきで便利なフロントセンターアームレスト[右]運転席からも取り出しやすい[左]フタつきで便利なフロントセンターアームレスト[右]運転席からも取り出しやすい

助手席下

助手席下の大型シートアンダートレイは、シューズやスリッパをしまっておくのに便利。ヒールなどを履いた場合、どうしても運転しづらくなるので、ここにスニーカーなどを入れておいて、運転時には履き替える…なんてこともスマートにできます。

[左]大型のシートアンダートレイ[右]運転するときには安定感のあるスニーカーにさっと履き替え[左]大型のシートアンダートレイ[右]運転するときには安定感のあるスニーカーにさっと履き替え

運転席、助手席、後部座席

運転中に飲むドリンクを置いておく場所も、キャストは乗車人数分確保されています。運転席と助手席に1つずつ、後部座席はそれぞれドアにカップホルダーが設けられています。コーヒーなどの紙コップはもちろんのこと、500mlまでのペットボトルも置くことができます。

[左]運転席横のカップホルダー[中]助手席横のカップホルダーは、ワンプッシュ式オートオープン![右]リアシートのドアにもホルダーあり[左]運転席横のカップホルダー[中]助手席横のカップホルダーは、ワンプッシュ式オートオープン![右]リアシートのドアにもホルダーあり

助手席後ろのシートバックポケットには小物や本などを収納すれば、車内をいつもすっきりさせておくことができます。

[左]雑誌はココにすっきり収納[右]すっきりした車内は快適![左]雑誌はココにすっきり収納[右]すっきりした車内は快適!

ついゴチャゴチャとしがちな車内ですが、こうした収納スペースがあれば、すっきりキレイに片付いてうれしいですよね。

肌の大敵からガードしてくれる!

女性の肌にとって大敵なのが紫外線。紫外線は地球環境の変化で年々強くなっていると言われており、特にクルマを運転している時は気を使っている女性も多いでしょう。

何の紫外線ケアもしないと、顔の右側、右腕だけ焼けていた…なんてことも。もちろん、コスメにも紫外線ケア成分は含まれていますが、それをサポートしてくれる機能が軽自動車にあります。

最近の軽自動車には、UVカットガラスが運転席まわりに使われています。これは紫外線と赤外線を、ガラスの中の特殊なフィルターでカットするというもの。肌に有害な紫外線を90%以上も低減するので、運転中の日焼け防止に大きなチカラを発揮してくれます。(オプション)

さらに、IRカット機能が付いたガラスを装備しているものもあります(オプション)。IRとは赤外線のこと。赤外線が肌に当たると、ジリジリとした嫌な感覚があります。赤外線をカットすればこれがなくなるだけでなく、夏場の車内温度の上昇も防げます。汗による化粧崩れも防げますし、すぐにエアコンが効くので燃費の節約にもつながるかもしれません。

運転時の日焼けを防いでくれる心強い軽自動車(イメージ)運転時の日焼けを防いでくれる心強い軽自動車(イメージ)

こんなトコロも女性想い

運転席や助手席のサンバイザーに付いているバニティミラーも、女性想いの装備!クルマから降りる前にちょっとお化粧直し…などという時に使うことができます。1度合わせたルームミラーをいちいちズラす必要がないのも、便利ポイントです。ミラーの横にはカードホルダーが付いているので、ETCカードなどを挿しておくと失くす心配がありません。

[左]車を降りる前に、ささっと化粧直し![右]ETCカードやポイントカードなどを挿しておきましょう[左]車を降りる前に、ささっと化粧直し![右]ETCカードやポイントカードなどを挿しておきましょう

ショッピングフックも女性にうれしい装備のひとつ。女性はバックを持って出かけることが多いと思いますが、助手席などにバックを置いておくと、運転中の揺れでバッグが落ちたり、中身が飛びだしたりすることも。バックをショッピングにフックにかけておけば、カーブの多い道を走った時でも安心です。またお店でもらった買い物袋や紙袋をサッとかけておくこともできます。

[左]助手席横のショッピングフック[右]助手席後ろのショッピングフック[左]助手席横のショッピングフック[右]助手席後ろのショッピングフック

最近の軽自動車のドアの開閉ハンドルが、握りやすいグリップハンドルタイプになっているのも、女性ユーザーへの配慮から生まれたもの。こうしたカタチにすることによって、ネイルの剥がれやカケを防いでいます。

握ったときに爪がぶつからないのでネイルを守ってくれます握ったときに爪がぶつからないのでネイルを守ってくれます

運転席に装備されているシートリフター機能も見逃せません。シートリフターを使って座面を上げれば、身長の低い女性でも前方視界を適正に確保するこができるので安心です。

[左]スムーズに座面の高さを調整できるシートリフター[右]運転しやすい高さに調整できました[左]スムーズに座面の高さを調整できるシートリフター[右]運転しやすい高さに調整できました

また、エアコンにはクリーンエアフィルターが付いていて、車内の空気をクリーンに保ってくれます。また、また、PM2.5などの微粒な有害物質も除去してくれる機能もあります。(オプション)

クリーンな空気にしてくれるエアフィルタークリーンな空気にしてくれるエアフィルター

いかがでしたか?軽自動車は女性ユーザーが多いということもあり、女性の日常生活をサポートする様々な機能が盛り込まれています。軽自動車はまさに女性想いのクルマなんですね。

※画像はイメージです

※収納の名称は車種によって異なる場合があります

文:コンテンツブレイン
※本サイトの記事に含まれる情報を利用される場合、お客様の責任において行って頂き、当社は一切の責任を負わないものとします。
※本サイトの利用に関して、当社に損害を与えた場合、当社に対してその損害を賠償しなければなりません。また、第三者から権利侵害その他の理由によって何らかの請求を受けた場合、お客様は、当社が第三者に支払いを余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。
※2016年03月25日時点の情報です。

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。