保証期間延長等のその他の情報

認証を受けていない販売店による分解整備に関する調査のご報告

平成29年02月

ダイハツ工業株式会社は、当社販売会社の取引先の一部で、認証を受けていないにもかかわらず、分解整備を伴うリコール等改修作業を実施していたことが判明いたしましたので、国土交通省に報告いたしました。
お客様にご迷惑とご心配をおかけすることをお詫び申し上げるとともに、今後は当社販売会社に対して管理を徹底するよう指導し、再発防止に努めてまいります。

1. 発覚の経緯と対象台数

他社事例の判明に基づき、認証を受けていない販売店において分解整備を伴うリコール等改修作業を実施していないか事実確認の調査を行いました。
過去3年間に実施された分解整備を伴うリコール等改修作業をすべて調査した結果、認証を受けていない56販売店で104台の分解整備を伴うリコール等改修作業が実施されていたことを確認いたしました。

2. 原因

改修作業は認証資格のある整備工場で行うよう指導をしておりましたが、その指導が現場に十分にいきわたっておらず、当社販売会社の取引先の一部で、認証を受けていないにもかかわらず、分解整備を伴うリコール等改修作業を実施していたことが判明いたしました。

3. 認証を受けていない販売店が実施したリコール等改修作業への対応

今回の調査で判明した認証を受けていない販売店が実施した104台については、早急にお客様に当社販売会社よりご案内の上、当社販売会社が再度全数リコール等改修作業を行ってまいります。

<認証を受けていない販売店による分解整備を伴うリコール等改修作業の概要>

届出日

(通知日)

リコール等改修作業の概要

対象車種

対象台数

平成28年7月19日

リヤアクスルシャフトを取り外し、オイルシールを改善品と交換する。

ムーヴ等

85台

平成22年11月9日

エンジンECUの制御プログラムを修正し、ブレーキ倍力装置の負圧スイッチとブレーキパッドを対策品と交換する。

ハイゼット等

5台

平成22年3月11日

ロアアームを点検し、かしめが不足しているものは良品と交換する。

ハイゼット等

2台

平成22年2月10日

電動パワーステアリングモーターもしくはステアリングギアを対策品と交換する。

ハイゼット

10台

平成17年3月29日

走行距離と副変速機(トランスファ)のオイル量を確認し基準を外れているものはオイルシールを良品と交換する。

ミラ等

2台

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。