テレビCMを見る

2016/6~オンエア

2016/6~オンエア

「企業 できる娘」篇

企業CM「くらしの真ん中で、クルマを考える。」シリーズ第5弾スタート。
新型商用車「ハイゼットキャディー」と、花屋を営む親子の日常を描いたストーリー。

ストーリーボード

CM画像1
↓
CM画像2

父NA:

「娘が会社をやめて」

CM画像3

父NA:

「この店を
手伝うことになった。」

CM画像4
↓
CM画像5

父:

「じゃあ、また
配達たのむわ。」

CM画像6

娘:

「わたしの言う通り
ネット注文はじめて
良かったでしょ。」

CM画像7

父:

「まあな。」

CM画像8

娘:

「腰、気を付けてよ?」

CM画像9

父:

「これ積み込み
やすいからよ。」

CM画像10

娘:

「わたしの言う通り
このクルマにしといて
良かったでしょ。」

CM画像11

父:

「まあな。」

CM画像12

娘:

「じゃあ
行ってくるね!」

CM画像13

NA:

「たとえば、」

CM画像14

NA:

「女性やシニア
にも優しい」

CM画像15

NA:

「はたらく
クルマを。」

CM画像16

娘:

「わたし、この店」

CM画像17

娘:

「もっと大きく
したいんだよね。」

CM画像18

父:

「がんばり
すぎるなよ。」

CMインフォメーション

タイトル 「企業 できる娘」篇 30秒
制作代理店 株式会社 電通
制作プロダクション 株式会社AOI Pro.
出演 清野菜名、大堀こういち
音楽 花売り娘

制作メモ

企業CM「くらしの真ん中で、クルマを考える。」シリーズ第5弾

「くらしの真ん中で、クルマを考える。」の発想で、はたらく女性やシニアのことを考えて新しく誕生した商用車「ハイゼットキャディー」。
今回はそんな新発想の商用車が日常の生活の中で活躍する姿が描かれています。

舞台はとある商店街。OLを辞めて家業の花屋にて父の手伝いをするしっかり者の娘。
父の腰痛を気にするが、荷室が低い商用車なので花は楽々積み込める。娘が配達に出ると、商店街には様々な商用車が活躍する姿がありました。

撮影現場

新進気鋭の女優 清野菜名さんがお花屋さんの衣装で、お父さんの仕事を助けて働く姿を熱演。

お父さん役の大堀こういちさんは、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」の特徴である荷物の積み込みやすさ、娘役の清野さんも女性でも楽々運転できる商用車としてアピールしていただきました。
特に、運転席から「じゃあ行ってくるね」と振り返る清野さんは最高に素敵な笑顔で、撮影陣もこんな花屋さんがいたら毎日注文してしまう、と話す程でした。

商店街での撮影の為、混雑しない限られた時間の中での撮影でしたが、清野さんと、大堀さんのやりとりも息はぴったりで、スムーズに無事撮影は終了しました。

撮影風景

  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 撮影風景
当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。