チャイルドシートの必要性

チャイルドシートについてのちょっとした知識をご紹介。正しい知識で幼い命を守ってあげてください。

チャイルドシートの必要性

クルマは私たちの生活を豊かにしてくれる大切なパートナーです。でも、危険はいつ、何処に潜んでいるかわかりません。実は今、自動車乗車中の幼児の交通事故による死傷者数が急増中で、チャイルドシート非装着時の致死率は、装着時の4.2倍にもなることがわかっています。万が一のときに、大切なお子さまの命を守るため車両に確実に取り付けられる安全なチャイルドシートが必要なのです。

抱っこしていれば大丈夫と思っていませんか?

事故の衝撃は想像以上に強いのです。例えば時速40kmで走る車が衝突する瞬間、10kgの子供の体重は、減速度によって約30倍の300kgにもなるのです。抱っこしているお父さん、お母さんの力ではお子さまを支えきれません。

チャイルドシートはこどものために作られた命綱

おとな向けに開発されたクルマの安全装備だけでは、幼いお子さまを充分に守ることはできません。それどころか、からだの未発達なこどもに、サイズの合わないおとな用の安全装備を使うことは、大ケガの原因になることさえあるのです。
(車両のシートベルトは身長140cm以上のひとを対象に作られています。)

お子さまの命を守るための法制化

お子さまを交通事故から守るために重要なチャイルドシートですが、まだまだ装着率は低く、その重要性への理解も不充分で、オーストラリアや韓国に遅れをとっています。そこで我が国でも、平成12年4月1日より道路交通法が改正され、幼児を自動車にのせるときはチャイルドシートの使用が義務づけられました。

法律で義務化される内容は?

  • チャイルドシート使用義務の対象者:
    自動車の運転手
  • チャイルドシート使用が必要な人は:
    6歳未満の幼児(お子さまの友達も対象になります)
  • 使用するチャイルドシートは:
    (1)道路運送車両の保安基準に適合したもの(運輸大臣の型式指定マークがあるもの)
    (2)幼児の発育程度に応じたもの(年齢ではなくお子さまの体格に合わすことが重要)
  • 使用義務に違反すると:
    罰則・罰金はありませんが、点数1点がつけられます。

義務化が免除されるときは?

  • チャイルドシートの数が多すぎて、乗車定員内なのに、クルマに乗れなくなってしまうとき。
  • ケガや病気でチャイルドシートを使わないほうが良いときや、緊急で医療機関へ送り届けなければならないとき。

この他にもいろいろな状況が考えられますが、第一の目的は「お子さまの命を守る」ことですから、お父さん、お母さんが正しい知識を持ち、確実に取付けたチャイルドシートに座らせてあげることが大切です。

※仕様は改良のため予告なく変更することがあります。お近くのダイハツ販売会社でご確認ください。
ページ先頭に戻る