メンテナンスパック


お得なメンテナンスのパック

安心で快適なカーライフをお過ごしいただくために必要なメンテナンスを、お得な価格でパックにしました。任せて安心の楽々メンテナンスをはじめませんか。


ワンダフルパスポートのメリット

定期点検とエンジンオイル等の消耗品交換をパックにして通常よりもおトクな価格でご提供します。

実施した整備には「6ヵ月または10,000km」の整備保証がつきます。

メーカーの技術認定を受けたプロの整備士が整備を実施します。

整備の実施時期はご入会された販売会社からご案内しますのでうっかり忘れもありません。


ラインナップ

新車ご購入のお客様

●長く乗られる方におすすめ

〈5年コース〉
ワンダフルパスポート54・60

5年間に必要な点検・消耗品の交換等をお得な価格でご提供いたします。

詳しくは



●初回車検までの安心パック

〈3年コース〉
ワンダフルパスポート30・36

3年間に必要な点検・消耗品の交換等をお得な価格でご提供いたします。

詳しくは




車検をお受けになるお客様

●3年コース終了後や初回車検からのご入会に

〈初回車検から2年コース〉
ワンダフルパスポート24F・24A

初回車検から2年間に必要な点検・消耗品の交換等をお得な価格でご提供いたします。

詳しくは



ダイハツ車以外のお客様

●ダイハツ車以外にお乗りの方におすすめ

〈ダイハツ以外のお車向け〉
ファミリーワンダフルパスポート

ダイハツ以外のお車向けに、点検・消耗品の交換等をお得な価格でご提供いたします。

詳しくは





※販売会社によっては取り扱いしていない場合もございます。


日本全国でサポート

日本全国どこにお引越しされてもお近くのダイハツ販売会社が会員様をサポートいたします。

【ワンダフルパスポート全国ネットワーク移転制度】

お客様が転居される場合、転居先のダイハツ販売会社で継続してご利用いただける制度です。制度ご利用の際は、転居前に加入された販売会社でご確認ください。

※販売会社によっては取り扱いしていない場合もございます。



会員特典

ワンダフルパスポート会員のお客様にはさらにうれしい会員特典を設定しております。

よくあるご質問

ワンダフルパスポートQ&A

ワンダフルパスポートについての、よくある疑問・質問にお答えします。


Q

どんな車でも入会できるの?

A

対象車種や申込時期は、販売会社によって異なる場合がございますので、詳しくはお近くのダイハツ販売会社にお問い合わせください。


Q

支払方法は?

A

料金のお支払いは、お申し込み時に現金または「TSキュービックカード」で全額前払いとなります。

TSキュービックカード


Q

ほかのお店でも有効なの?

A

お申し込みいただいた販売会社のお店であればどこでもメンテナンスを受けることができます。


Q

中途解約はできるの?

A

中途解約できる条件は次のとおりです。

・ワンダフルパスポート対象車両の保有を中止したとき。

・転居等によりお申し込み販売会社への入庫が困難になったとき。但し、転居の場合は全国ネットワーク移転制度をご利用いただけます。

※中途解約の場合は、点検未実施分から所定の解約手数料を引いた金額を返金いたします。詳しくはお近くのダイハツのお店にお問い合せください。


Q

引越ししても大丈夫?

A

全国ネットワーク移転制度をご利用いただけます。詳しくは「日本全国でサポート」をご覧ください。


入庫条件

ご来店の上でのご入庫を条件とさせていただきます。

お願い

①ご利用の際は、ご予約の上ご来店ください。 当商品には、引取・納車費用は含まれておりませんので、ご来店をお願いいたします。(引取・納車の場合は別途料金を申し受けます)

②当商品の実施項目以外は別途料金となります。当商品の実施項目以外の整備等については別途料金を申し受けます。

③会員証を必ずご持参ください。会員証は、整備ごとに実施済み印を押してお渡ししますので、必ずご持参ください。

※2回目車検以降の2年間コースもございます。

※整備の実施月を過ぎてお客様が入庫される場合でも、会員証記載の有効期間内であれば、同様の整備を実施いたします。

※ワンダフルパスポートは、特別料金となっていますので、その他の割引制度の対象外とさせていただきます。

※メンテナンス項目・料金の設定は販売会社により異なりますので、詳しくはお近くのダイハツのお店でご確認ください。

※車検時には、この他に諸費用として、重量税・自賠責保険・印紙代等別途必要となります。

※販売会社によっては取り扱いしていない場合もございます。

当ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。